あかね色の風

中国長安出身、日本在住の日本大好きちゃん。大学院を経て日本企業に勤めており、身を持って感じた日本を素直に発信します。またブログを通して中国を誤解している日本人の方に少しでも本当の中国や中国人を知って頂ければ嬉しいです。

27歳!おめでとう♡【初心を探る&人生抱負】

お題「今日の出来事」

お題「わたしの記念日」

お題「これって私だけ?」

f:id:akanenechan:20180616122446j:plain

 本日、27歳になります。

 おめでとうございます。パチパチパチパチ

 

 日本で誕生日を迎えるのは四回目か五回目なのかな?生活は淡々と過ぎて、誕生日っていう特別感も全く感じないから、親や親友からお祝いのメッセージを貰っても、「そうだ、また一歳が重なったな」と自分の成長に喜ぶのではなく、このままじゃ大丈夫かなと自分の現状に不安を抱えている。

 いつからか自分に何もせずただダラダラ過ごすというリラックスする時間を与えるのが怖くて、何かためになることをしておかないと自分が時間を無駄にしているという罪悪感さえ覚えてしまう。よく駆け足で走る忙しい人生に少し立ち止まって今まで向かって進んでいる方向が間違っているかがむしゃら全力ダッシュしているだけで何を手に入れられたか努力した分に対してそれなりの成果があるかまた仮に何か手に収めたとしてもその「何か」は本当に自分が欲しかったものなのかを自分の心と素直に向き合う時間も重要だなと思い、自分の人生を振り返って考えようと今この文を書き始めた。

 

1⃣ なぜ日本に来たか?

 とても素朴の質問だが、昔も沢山の日本人の方々に向かって散々答えてきた。

ちなみに、私が初めて来日したのは大学三年生の交換留学はきっかけだった。その時の回答は「大学の時、折角日本語を勉強してきたから、現地に行かないと言葉が上手くならないと思って、日本に来ました。」確かに一番最初は語学勉強という目的で来日した。

 交換留学なので一年間だけという中途半端な期限があった。キャンパスで沢山の日本人の友達ができて、初めての和食、初めての一人暮らし、初めての一人旅、初めての全部日本語の授業、初めての自分の意思で自分の行動を決められた自由な時間、初めての日本人の彼氏、初めてのホームステイ、初めての...人生の数えきれない「初めて」は日本っていう異国で達成した。というわけで、日本は私にとってただ思い出深い場所ではなく、自分が最も成長できた場所。交換留学の一年間で自分の成長に驚き、言葉にできないくらい喜んでいた。こんなに速く成長させてもらえる場所は他にない、自国に戻ったらまた両親に敷かれた軌道に安全運転しなきゃいけないある程度に未来が見えている人生を歩むのが嫌と再び日本への留学を決めた。

 ということで、なぜ日本に来たかと問われると、自由に自分の意思でやることを決め、したことがないことにチャレンジし、自分の成長につながることができるということでしょう

 

 2⃣ なぜ卒業後、帰国ではなく日本に就職を決めたか?

 この質問も「なぜ日本に来たか?」という答えが似ていて、中途半端な留学期間で確かに日本語が上達できて、ほぼ支障なく日本人とコミュニケーションすることができるが、折角日本語という壁が破れたのに、これから日本語をツールにして何かができる段階になるところで帰国して日本語の環境を辞めて、逆戻りではないかと勿体ない気持ちが大きい。中国に帰ったら日本語が使えなくなるということはないとしても日本で就職するより使う頻度が少なくなるのは事実で、頑張って積み重ねた日本語能力が衰えることが怖くて日本での就職を進めた。

 

3⃣ 日本で何をしたいか?

 日本語を使うだけは日本での就職の決め手だとしたら、日本語を通じて何をしたいかという質問にいつもうまく答えられない。

 何をしたいかと考えるときに、抽象的なことしか思い浮かばない。こんな夢をもってかなえようもないと夢を膨らませる前に先に自分を否定してしまうことが多い。

 なぜかというと、夢を立てたものの、具体的なステップや夢を実現させるためにプランがないから、夢は「お金持ち」だったら、何もせずに一夜でお金持ちになれるか?!という話です。自分が知っているのに、何で具体的な計画等作れないのは自分のしょうもないズボラのところ。

 現状に不満をめっちゃ抱えて、それを変えようという意識も強いが、いざ行動に移そうとなると、今まで散々否定してきた現状の良さをまた名残惜しく感じ、考えに考えた結果、まぁ、いいかと一番無難な現状維持を選択してしまう。

 これって最初日本に来た理由の「自由に自分の意思でやることを決め、したことがないことにチャレンジし、自分の成長につながることができる」というのと真逆じゃない?と指摘してくださった方、ありがとう、気付いていただいて...

 今書いている自分もびっくりしている。最初日本でできるから日本で生活することにしたのに、できる環境に置かれているものの、全く環境を活かしていない。

 反省の意味も含めて、27歳になった本日、自分がしたいことを明言します。

 日本中小企業は中国市場に進出する際、コンセプトからブランディングまでサポートできるようになりたい。

 

4⃣ そのために、何のスキルが必要なのか?

 マーケティングの知識を引き続き勉強するほか、自分が考えているコンセプトを表現しなきゃいけないので、デザイナーのスキルが求められる。PhotoshopIllustratorのスキルは必須の他に、HTML/CSSのコーディングやユーザビリティDTPの知識もある程度で勉強したほうが望ましいでしょう。

 それに向かって、とりあえず自分が中国に売り出したい商品で構築してみたいです。

(ずっと手を付けているが...出来たらまた報告します)

 27歳にして遅いか?と既に悩み始めたが、何事チャレンジするのが大事だし、しかも本当にやりたいと思うことであれば、モチベーションも高まるし、語学能力と長年日本メーカーに勤める経験を活かしてさらにプラスαを加えれば、すべてのスキルを使いこなせなくても文化という切口からも徐々に夢に近づくでしょう。

とりあえず頑張ろう!27歳!

 

外国人がすぐ日本企業を辞めてしまう原因【言葉?疲労?不安?安賃金?低効率にうんざり?】

お題「今日の出来事」

f:id:akanenechan:20180614225016j:plain

こんばんは!

 今日、午後3時のおやつタイムにちょうど上司から美味しいとら焼きを頂いて満足していたあかねです。

 昨日、たまたまWE CHATの投稿を通して、中国人の友達から会社の理不尽に耐え切れなくて辞めてしまったことを知りました。

 驚きでもありますが、本人が選んで進んだ道なのである意味でこっちはいくら残念に思っても仕方ないです。

 

 留学生時代からの付き合いの何人も短期間で仕事を辞めてしまったのを傍でみて、外国人にとって日本企業で働くってこれだけつらいかと嘆きながらもそんなに?と大きなクエスチョンマークが浮かびあがります。

 

 本日、日本企業に就職している外国人(主に中国人)がなぜ長続きできないかを考えて行きたいと思います。勿論、あくまでも私の周りにいる友人知人のお話なので、全部だとひとくくりする意味ではありません。

 

 まず、前回のブログで言及した中国人留学生が日本に選んだ理由の中で、自分の抱負を抱いて能動的に日本語を習得し、学びたいものや日本で実現させたいという目標がちゃんとあって来日した中国人に関して、折角身に着けた日本語と知識を活かしたいという思いが強く、最終的に日本での就職を進めた人が多い。

 

 人一倍に努力して数えきれないレポートや課題をクリアし、最後に卒論も絶望になるくらい修正を重ね、やっと卒業できた。その後も沢山の強敵と戦って勝ち抜いた結果、日本企業から念願の内定を頂くことに達成した。ある意味で、この一連の流れは自分の実力や日本語等のスキルを認められた証拠です。彼ら(私も入っている?!恥ずかしい)は勝ち組の仲間入りにできたとも言えます。

 

彼らはせっかく手中に収めた結果を簡単に放棄することがない。

 

 じゃ、よっぽど何か辞めざるを得ない理由がないと、今まで頑張って積み重ねた自分を否定するような選択をしないはず。

 私の周りの事例をみてみると、日本企業の「何か」に耐え切れずに一年未満で退職届を提出した知人を以下の三つのタイプに分けられる。

 

1⃣【<言葉の壁>にぶつかり、現実に打ちひしがれ、未来が見えない絶望感】 

 不動産会社、新卒入社。働き出して1ヶ月半で退職届を提出したCさん、高校からの同級生で、某旧帝国大学大学院卒。すごく日本が好きという訳でもないが、大学は日本語専門だったので、流れで何となく留学が決めて日本にやってきた。言語学校を経てスムーズに東京の不動産会社に入社、本人も人と触れる仕事に就きたいという要望があり、不動産の営業職は彼にとって合う気もしなくはないが、たった一ヶ月で辞めた。

 一ヶ月って短すぎるだろう?仕事ともかく、会社自体さえそんなに見えてないじゃない?気が短すぎだなぁと私が彼に向かってこうコメントした。

 彼は落ち着いている口調で辞めた経緯を語り始めた。最初チーム分けで研修を行い、一週間経って、他のチームメンバー皆どこの部署に所属するかどんどん決めて行って、残り自分だけ、上司に日本語レベルがまだ通常の仕事に就けるレベルではないから、アンケート調査票を会社から半径5キロにある一軒家に一軒ずつインターフォンを押して配ってこいって命じられ、毎日朝から晩までひたすらアンケート調査票を集めていた。

 彼の上司がやらせた理由は昼間在宅する年配の方と主婦の方にアンケート調査を行う際に、日本語で雑談や営業職に最も重要な聞き出し能力を鍛えさせるようです。私からすると、給料を頂きながら自由に自己の活動をアレンジできるから、しかも聞き取り調査みたいな感じで毎日沢山の違うお話を聞けるチャンスでもあるし、これ以上良い仕事がないじゃないかと思うくらい羨ましく聞いていた。

 「なんで辞めるの?」と真剣に質問を投げたら、彼はこう答えた。

 本語レベルが通常の仕事に勤めないと今更言うか?こんなに日本語やばかったらそもそも何で採用してくれたの?毎日終わりが見えない調査票配りはマジ絶望しかない。

 大学から今まで7,8年くらい日本語を勉強してきたのに、やっとここまでできるのに、日本人同様なレベルを求められるなら一日二日の問題じゃない。日本人みたいに違和感なしで喋るようになってから通常な仕事を与えるという意味だったらゴールはどこにあるか全く見当がつかない。しかも、毎日上司からお前の日本語じゃと皮肉にからかわれるのはもう嫌。国に帰れば、私のレベルだったら良い仕事を見つけないわけがない。ここで我慢しなくても...」とムキになって少し興奮気味。

 彼に勤める会社は外国人を雇うのは初めてなので、海外開拓する狙いがあるかもしれないが、外国人の扱い方やどんなお仕事を任せられるかシステム的に未だ全然整えていない。友達に勿論非があるが、外国人を採用すると決めたうえで、どうやって採用した外国人の力を最大に引き出して会社のためにできるかを目標に社内、時に労働組合などの外部の力を借りて、研修やトレーニング育成に工夫すべきではないでしょうか。

 

2⃣ 【単調な仕事内容で、成長できない自分に不安】

 人材派遣会社に勤めて三年目、Sさん。私の先輩でもあり、就職相談で何回もお話したことがあるこの先輩は静かで辛抱強い性格です。話を聞くと、忙しい毎日を追われているものの、大した仕事をやっていない。大学院卒の自分にとって、こんな短大も大卒もできそうな事務系仕事だといつまでやり続けてもスキルアップできない。数字入力だの書類のアップロードだの慣れていけば誰でもいける。彼女の会社も外国人採用履歴がほぼないので、参考になれる先輩誰もいない。朝から晩までグタグタまでたっぷり働き詰めているが、遣り甲斐や達成感全く手に入れていない。このままじゃ三十歳に突入するのが怖くて、彼氏がいない分、何か成長できるちゃんとしたキャリアを歩みたいと普段穏やかな彼女がいつもより強い口調で自分の考えを述べた。

 これもまたまた外国人が採用した経験が少ない会社である。今、多くの日本企業が「人手不足倒産」という言葉が生まれるくらい「超人手不足」に陥っている。その中で、最も深刻な「人手不足」問題に直面しているのは上述のような中小企業。

 中小企業基盤整備機構が行ったアンケート調査によると、中小企業の約74%が人手不足だと回答を得た。

 日本人の現役世代が不足しているから、その分を外国人で補うようにしている日本中小企業。企業側は日本人の代わりに外国人を雇うと、「あれ、日本人みたいに使えないなぁ」と気付いて、厳しく外国人を否定する。外国人も充分なサポートを提供できない中小企業に失望し、自分の国へ戻るか他の仕事を探すかという結末になる。

 

3⃣【自分の才能が会社に与えられたポジションで発揮できず】 

 アパレル会社にマーチャンダイジング志望で新卒入社。子供の頃から来日、都内有名な私立大卒、アメリカで高校生活を送り、中国語、日本語どれも堪能している。ただ語学能力だけでもかなり輝いている彼女だが、会社に三年間店頭に立ってショップ店員の仕事を命じられた。直にお客様の声を聴いて接客を通じて自分今後のキャリアに築いていこうという人事の思いだそうです。しかし、こんなアルバイトと感覚が変わらない仕事に自分の能力を全然解放できない現状にギャップを感じて、そのアパレル会社に勤めて半年で辞めた。自分が得意なコミュニケーション能力と語学力を活かして翻訳や日本や中国の会社をお互いに進出する際のサポートに携わる会社を友達と起業。

 

 そうです。日本企業ではキャリア形成を物凄く重視されている。今やっていることは将来のキャリアに役が立つという先々の目で見ている。昔年功所列のゆかりがまだ残っていて、いくら有能の人でもキャリアアップのスピードはかなり遅い。優秀な人材はこんな日本企業のペースに従順に飲み込まれる訳がない。

日本企業がただでさえ人手不足なのに、悠長なキャリアプランで優秀な外国人人材を流出していく一方です。

 

 逆に、周りに辞めていない友達の働きぶりを見ると、忙しくても遣り甲斐をしっかり味わえて、難しくてどうしようと毎日呟いているものの、自分の進歩を少しずつ実感している人はまだ粘り強く頑張っている。弱音を吐くが、会社からカウンセラーやキャリアプランナーがつけてくれているので、行き詰まったら一応話を聞いてくれるし、毎日自分がバカだと焦りながら学ぶことがいっぱいだと充実な会社生活を送っているようです。

 

 人によるでしょうとそれだけの理由で片付けちゃうと、統計の存在意味がなくなるので、(どっかで言ったことがある気がして...)以上の事例を通して、日本企業改革と外国人採用対策に対して見えるものが絶対あると思います。

なぜコンビニの中国人の店員さんが見えなくなったのか?【ベトナム等の東南アジア人がコンビニに増える理由】

f:id:akanenechan:20180613201229g:plain

こんばんは!

 

 真面目に仕事に冒頭している真っ只中で、突然やってきたゲリラ豪雨の雨音にかなり動揺していたあかねです。

 

 本日は身近なコンビニのお話をしようと思います。

 

皆さんはお気付きでしょう?

 昔コンビニに買い物をしたらネームプレームを見たら、「ちょう」や「おう」など中国人っぽい苗字をよく目にしていた。たまに日本語をしゃべるのが面倒くさい時に、直接に中国語で話しかけたりすることもしょっちゅうあった。しかも、最近(いつから最近と言えるか多少微妙だけど)いつとはっきり言えないが、自分が気付いたら見慣れている中国人のコンビニ店員さんのネームプレートに書いているのはいつの間にかスムーズに読めないカタカナの組み合わせに入れ替えられた。

 そうです。中国人の我々はコンビニという単純作業から卒業しました。バトンタッチを受けてくれたのはベトナムバングラデシュなどの東南アジアの方々だった。

長年暖かく見守ってくださった日本人の皆様、大変お世話になりました。

 

それでは、なぜコンビニの従業員の構成にこんなような大きな変化が生まれたかを考えましょう~

 まず、コンビニでバイトするのにどのような素質やスキルを必要とするかの応募条件を見てみよう。

 レジ打ち、接客、商品の陳列&欠品補充、店内掃除、スナックフード作りなど多岐に渡る。ほとんど日本語をそんなに話せなくても適任できるような仕事内容だし、来日したばかりで日本語を交流ツールとしてまだ恐怖を感じる外国人にとって、以上のコンビニ仕事内容で唯一敬遠するのは「接客」という言葉に間違いない。

 「接客」って言ってもレジ打ちの一部かそれの延長だと思えばそんなに日本語を要求されることでもない。しかも、誰でも就業できるようなマニュアルが完備しているので、知らないことを聞かれてもベテランの先輩に任せればいいし、つまり、コンビニバイトの仕事内容は来日初心者にとっては始めやすいバイトです。

 

だから外国人が多いかーーー?

 

 だけど、毎年膨大な数の外国人留学生が日本にやってきて、アルバイトに対する需要もそれなりに多いはずなのに、今までコンビニに働いていた中国人の割合が高い理由はいったいなんだろう?

1⃣ ヨーロッパとか英語圏の国の方は英語を堪能しているので、単純作業ではなく、英語力を生かしてもっと時給の高い英会話や塾系のバイトを見つけるため、コンビニのバイトに眼中もない。

2⃣ そもそも、来日外国人の中で中国人の人数は圧倒的に一位を獲得していて、人数が多い分、バイトを探している人も多く、それなりにコンビニバイトに当たり、自然に埋めていくでしょう。

3⃣ 中国人の留学生は実際に両親からの仕送りを貰ってなくて、家賃や生活費など日本で生計を立てるために、勉強の他、いくつかのバイトを掛け持つのが一般的です。

なので、24時間営業(人手不足で24時間営業をやめることを考える大手コンビニもあるけど、今のところまだ普通かな)のコンビ二なので、多忙な学業も自分の都合に合わせてシフトを組むことができるから、勉強との両立(他のバイトとの「多立」)を自由にアレンジできることは彼らをコンビニに呼び寄せた。

 4⃣ 留学生は週に28時間しか働けないという規制があります。個人営業のコンビニも数多く存在している、労務管理がずさんで勤務時間を大幅にオーバーしても公にバレないという個人経営のコンビニが多いので、金銭的に厳しい彼らにとって美味しいバイト先かもしれない。

 

  「コンビニは中国人にとって結構メリット沢山のバイトに見えるのに、なぜ今ベトナムバングラデシュなどの東南アジア系の方に奪われるのを許してんの?

 中国人の留学生は減少した訳じゃないのに、コンビニのバイトをやめてしまったら、次の受け皿は何ですか」と気になりますね。

こんな疑問を持つのは私も一緒です。(中国人なのに、知らないかよ?!恐縮です(´;ω;`)

 

 これから、中国人はコンビニバイトを辞める理由を探りましょう。

 昔、かなり貧乏生活しているかつ日本語をうまく話せなかった中国人留学生はコンビニに勤め、オーナーさんと一緒に働く日本人のバイトさんと仲良くなり、時に深い交流も期待できる。しかも、毎日売り残したパンや惣菜の中で賞味期限切れまた切れそうな商品を商品を持ち帰って、次の出勤までの糧にすることもできる。運がよく大量の廃棄食品を貰った場合に、自分だけ恩恵を受けるのではなく、周りの留学生同士にもおすそ分けし、もともと強い同胞間の絆をさらに深めることもできる。何より自分で買わなくて済むのは自国よりずっと高い物価に驚いて目を大きく見開いる貧乏留学生にとってコンビニが色んな面においてもかなりありがたいバイト先です。

 勤勉でバイトをしながら日本での生計を自力で立てていく中国人はもうそんなにいない???          

 そこそこ裕福の家に生まれて、大した努力をしていないが、親のコネで順風満帆に進学を重ねて高校卒業まで辿り着いた。いざ大学入試試験に向き合わなければならない時が迫って来た。しかし、中国で最も公平な行事と言われるこの「全国大学入試試験」、親がどうのこうのと関係なく自分の実力をさらされることになる。今まで親の傘下に隠して現実逃避してきたが、相対的に公平な「全国入試試験」で容赦なく落とされ、そのままだと中国で大学進学することさえ辞めなければならなくなる。もちろん、親はこんな高卒にとどまる子供の人生を許すわけがない。それで、留学させるという選択肢が出てきた。

 ここで、注目してほしいのは「そこそこ裕福な家」というワードです。お金持ちとかじゃなくて、そこそこいい生活を手にしている家庭です。いわゆる「中産階級」の家庭です。

 中産階級の家庭に生まれた中国人は日本に留学する。

中産階級って何?と日本人にとってあんまり耳にしない言葉なので、説明します。

 

 中産階級の定義として、「上層と下層の中間の人々」「大卒以上」「公務員・私企業問わずホワイトワーカー」「北京、上海、広州、深センの一線都市とそれに続く二線都市に集中」「未婚の個人収入は15万元(約258万円)以上。既婚の家庭収入は一線都市で30万元(約519万円)以上、二線都市で20万元(約346万円)以上」としている(ここでいう収入は月収ほか、ボーナスや家賃収入なども含む)。しばしば日本では「家庭年収300万円」の話が出てくるが、それ以上の人々が中産階級となる。

中国の調査会社のiResearchと投融家から共同で中国の中産階級の現状に関するレポート「新中産人群生活態度及網絡理財安全行為研究報告」

 「大卒以上」「公務員・私企業問わずホワイトワーカー」との文字に注目してください。自分は大卒である程度の教育を受けて来て、社会地位もそこそこ手に入っている彼らは、あくまでこのような「普通」を子供にも守って欲しい。教養を身につけてる彼らはブライドも高くてメンツをかなり気にしています。

 子供今までの進学に様々な手を打って来たが、「全国入試」で台無しにされるのを避けるため、子供を日本に留学させる。日本に留学させるお金があるものの、欧米やイギリスのようなハイレベルの国に行かせるのにまだ難がある。

  なので、近隣の日本は彼らにとって最も行きやすい留学先になっている。

 

 という沢山の事情があるので、日本に留学するのは本人の意志というより親のメンツを守る手段でもある。本人も「じゃ、仕送りをくれないとあんたの指示に従えないよ」という少し大きな態度で条件付きの留学を承諾する。もちろん、親もせっかく留学させるので、バイトする時間を学業に集中して欲しいという思いもあります。

 今の中国人留学生にはもう昔みたいに自分の意思で日本に来て家族に負担をかけないように、全て自力でやり抜こうという努力を惜しまないタイプがかなり減って来ている。という流れでコンビニをチョイスする中国人留学生が激減したと考えられるではないでしょうか。

 

  しかし、本来のような勤勉で日本が好きで日本で学びたい学問があるという堂々とした理由を踏まえ、日本にきた人(私みたいな人)も沢山います。この人たちはどこに流れて行ったのか?
 このタイプの中国人留学生は日本語勉強に対して受け身ではなく、好きで選んだ道なので、楽しく歩んでいかなきゃと能動的に日本語を勉強し、沢山の日本人と交流を深めてその結果、日本語能力は驚異的なスピードで上達する。
 コンビニのような単純労働やあまり語学力を求められないバイトより、時給が高い百貨店販売員や展示会通訳者等につくようになった。近年、中国は世界に驚かせる速度での経済成長ぶりを見せている。国の成長と共に裕福になった中国人観光客の爆買いも世界中に話題になっている。都内は勿論、日本各地の百貨店、ドラッグストア、電気屋さん等は中国語対応の為に中国人留学生を雇わざるを得ない状況です。日本語が少し話せて日本語でのコミュニケーション能力が高いこのタイプの人はこのようにコンビニ以外の職種に流れていった。

 では、なんで東南アジア系になったかというと、独立行政法人日本学生支援機構JASSOが2017年発表した日本に在学中の外国人数の出身国(地域)の調査結果を見れば、多分お分かりになるでしょう。

 

 

日本学生支援機構(JASSO)が発表した2017年度外国人留学生在籍状況調査によると、2017年5月1日時点での日本におけるベトナム人留学生数は6万1671人で、前年度の5万3807人と比べて+14.6%(+7864人)増加した。

 

出身国・地域別留学生数で中国とベトナムに続く3位以下は、◇ネパール:2万1500人(構成比8.1%)、◇韓国:1万5740人(同5.9%)、◇台湾:8947人(同3.4%)、スリランカ:6607人(同2.5%)、◇インドネシア:5495人(同2.1%)、◇ミャンマー:4816人(同1.8%)、◇タイ:3985人(同1.5%)、◇マレーシア:2945人(同1.1%)となっている。

 

 増減率は二桁で確実に増えています。


少子高齢化社会に陥って、人手不足に悩まされる日本のコンビニや飲食店。彼らは今後、それらの企業の存亡を背負っていくかもしれません。

【雨の日、透明なビニール傘をさしている人が多いのはなぜ?】透明なビニール傘は中国で見当たらない?

今週のお題「雨の日の過ごし方」

f:id:akanenechan:20180612014047j:plain

 こんばんは!

 週明けにジメジメした雨に遭われ、いまいち気持ちが晴れないあかねです。

 

 今年は平年より二日くらい早く梅雨入りしたそうです、毎年恒例にやってきたこのどんよりとした時期のせいで気分が滅入る方も多々いらっしゃるでしょう。

 私が住んでいた中国の長安には梅雨がなかったので、梅雨対策など聞いたことさえなかった。東京に移し住んでからの一年目、いきなり一カ月も続く雨に戸惑いながらもこんな長い間しっかり出かけられないことにうんざりした。

 一番最初に雨用グッズを揃う際にも気付いたはずだが、今日帰りに様々な傘で溢れた駅構内を見てまた思い出して、何でだろうと自分で中でいくつかのはてなが出てきて、これを機に調べました。

 何が気になったかというと、雨の日も日差しの良い日も欠かせない道具―「傘」。

 

まず、皆さんに質問: 傘の使い分けをしていますか?

 私の経験だと、天気予報に今日降水確率が40%かそれ以上と告げられたら、本格的な雨が降る可能性が高いと判断し、しっかりした長傘をもって出かける。

 降水確率が低いもしくはただのにわか雨と言われた場合に、別に必要じゃないでしょう、まぁ、万が一持っていこうかっていう軽い感じで折り畳み傘を携帯して出歩く。

 

 何でこういう使い分けしているかというと、雨が降るか降らないか微妙な時に、長傘を持っていったら電車で運がよく座れてさらに幸運が降臨してきて隅っこに座れたら隣の手すりにかけたら、相棒の傘とその場でサヨナラすることになるかもしれない。幸いなことに一日傘が自分の身から姿が消えることないとしても雨が降らなかったら、何のために一日こいつを手に握ってんだという悔しさと絶望感が襲われることもある。 

 

 私特に気になるのは傘の使い分けなどではなく、日本人の方は長いビニール傘の使用率にビックリ!

 長傘は中国でも使っていたが、主に折り畳みのほうが多くてすぐにカバンにしまえる小さい傘を好む(地域によりますが、上海から南のほうは日本と同じ、梅雨もあるので、長傘はよく使われている)、透明なビニール傘はほとんど見当たらかなった。

 

 そういえば、「雨の日にビニール傘を差している人をよく見かけるわ」と同感してくれる方がいませんか?

 

 透明なビニール傘は自転車に乗るときにも風が強い悪天候の中でも低く差すことができて自分を雨風からちゃんと守ることができる利便性は一番ヒットした理由なのかな?

 と自分普段の生活経験から素直に考えた理由はこれでした。

 

【ビニール傘を作り出したのはどこの誰?】

 戦後の日本最大のイベントの東京オリンピックで日本の傘老舗「ホワイトローズ(株)」は開発してさらに全国に知れ渡った。

 ビニール傘は今だと間に合わせ傘や安物というイメージがあるが、流行り出した昭和40年代はシルクと同じくらいの高価のものだそうです。しかも、色や柄の種類が豊富で先端のファッションを表した。

whiterose.jp

【何で透明なビニールが多いか?】

 上述の低く差しても前が見えて安全という利便性の他に、シンプルなデザインでどんな服装でも違和感なく合わせられる。

 フォーマルなスーツ姿にもオフィスカジュアルにも女性の可愛らしい柄物にも少しシックな恰好にも合わないものは無し。

 

 それで、世の中こんな便利で万能な傘があるのに、何で中国では滅多に見当たらないのか?

 1⃣ 中国人は面倒くさがり屋なので、日傘にも使える晴雨兼用の傘を好む。透明ビニール傘は日差しを防げないから。

 

2⃣ 使わない際に、手持ちのカバンにしまえる小さいサイズの傘を好む。

 

3⃣ 主張が強い中国人、自己の個性を表す派手なものを好むので、他人と同じものを持つのが好きではない。いくらデザインを変えても透明なビニールという材料でバリエーションに富む多様な傘を制作するのに無理があるので、この意味で透明なビニール傘は中国での需要が少ないかもしれません。

 

最後に、憂鬱になりがちな雨の日に気に入る傘をさして雨の中でロマンチックな一日にしましょう♡

【国際結婚】日本人と結婚しても外国人配偶者の戸籍、苗字は変わらない?!

f:id:akanenechan:20180610223140j:plain

こんばんは!

雨に負けて一日リビングでゴロゴロしていたあかねです。

 

 入籍に控えて金曜日半休をいただいて、区役所に足を運び、資料の事前審査を行っていただきました。

 入籍予定日は土曜日なので、夜間受付窓口に提出すること自体は問題ないですが、ただ役所の方は婚姻届などの申請資料を預けて貰うだけで、週明けの仕事日を迎えてから、週末が預かっていた資料を処理して不備がなければ、提出日は無事に入籍日になりますが、もし何か不備が発生する場合に、区役所の方は発見した日に当事者に連絡を入れ、訂正および再提出してもらい、もちろん入籍日は希望した土曜日ではなくなり、資料など全部揃った日になってしまいます。

 二人にとって重要な意味を持つのは「入籍日」です。結婚後もいつたっても二人の初心を忘れないため、有意義な「記念日」にしたいと思っている気持ちは皆そんなに変わらないでしょう~

 私と同じように皆さんも結構入籍日に強いこだわりを持っていらっしゃるのに間違いなしと思いきや...

 まさか、以下の調査結果に辿り着きました。

■入籍日はどのように決めましたか?

第1位「特にこだわりはない」……41.0% 

第2位「縁起のいい日」……16.0% 

第3位「相手または自分の誕生日」……11.0% 

第4位「交際記念日、出会った日などの思い出の日」……9.0% 

第5位「語呂合わせ、ゾロ目など、覚えやすい日」……7.0% 

第6位「いい夫婦の日」……3.0% 

同率6位「祝日」……3.0% 

 

こだわりを特に持っていない方のほうが半分弱に占められている。圧倒的な一位!

f:id:akanenechan:20180610184506p:plainこの結果を見て私と同じ、👈の表情になっている方がいませんか?

 

結婚に向かって様々な準備でただでさえ忙しいのに、二人の都合さえ合えば、別に「日付」にこだわらなくてもいいじゃんというのは彼らの考えでしょうが、やっぱり一生の付きものという覚悟でベストな日をしっかり選び絞るのは私にとって譲れないかな~

 

 という故で特別感を誰よりも重視している私だから、事前チェックに行ってまいりました。

 それでさらに驚くことを告げられました。

 別に用意した資料は大きなズレがあるという訳ではない。

 日本人は入籍続きする際に、絶対にしなきゃいけないという法律があるのに対いして、外国人はできないと言われました。

 それは、日本人同士の結婚なら、必ず同じ氏になるのと全く違って、国際結婚は夫婦別姓になるしかない。

 今、日本国内で「選別的夫婦別姓制度」の呼び掛けはかなり話題になっていますが、未だに実施されていない。

*「選別的夫婦別姓制度」(いわゆる夫婦別姓制度)について

 女性の社会進出につれ、結婚しても仕事を続けていく日本人女性はこんな悩みは多々あると思います。

「結婚するのはめでたいですけど、そのあと、新しい印鑑も作らなきゃいけないし、銀行や職場の変更書類やクレジットカードや免許書まで数多くの手続きを変更しなきゃってちょー面倒だけどー」と贅沢な悩みと思われているかもしれないが、実際にやってみれば結構な時間や労力がかかる。

夫婦別姓制度」の実施まで待ちきれないあなた、外国人と結婚することをおススメです。いやでも夫婦別姓になるから(笑)

しかし、何で日本人と結婚しても日本人の配偶者と同じ苗字になれないか?

 

 私は一応区役所の方にこう告げられました。苗字の変更は国が決めるものなので、日本の区役所が決める権利がないと。

 ちょっと大雑把な解釈でいまいち納得いかなかったので、じっくり調べました。

1⃣ 外国人と日本人と結婚しても戸籍は一緒にならない!!!

 戸籍は日本国籍の人しか登録されないため、外国人は日本国籍に変更しない限り、日本戸籍を持つことはできないと定められています。

 つまり、我々外国人は日本人と結婚しても帰化しなければ戸籍を持つことはできない。そうしたら、外国人と結婚する日本人の戸籍はどうなるでしょう?

 一応、本籍謄本を区役所に提出して、家族の戸籍から「除名」すると言われたけど、戸籍はどこに行っちゃうだろう?

 正解は、配偶者である日本人一人だけの新しい戸籍を作られます。新しい戸籍に結婚する外国人(氏名・生年月日・国籍)と婚姻した事実が記載されます。

 せっかく結婚したのに、一人だけの戸籍なんか寂しいなぁ~と嘆いでいる方もいるでしょう。

2⃣ 配偶者の日本人の苗字にならないが、かなり広い範囲で名乗れる通名を持つことができる。

 どうゆうこと?

 前述したように、外国人は日本国籍を取得しない限り、日本の苗字を持つこともできない。しかし、通称名通名)を持つことができる。通称名とは、

在日外国人の通名は、居住する区や市町村の登録を条件として法的な効力を持つ。通名住民基本台帳法登録事項として規定されており、住民票「通称(氏名以外の呼称)」として記載される。2016年時点の実務上、通名登記などの公的手続に有効に使用することができ、契約書など民間の法的文書にも使用できる。また、就労の際にも通名での応募及び就業が通用しているとともに通名による雇用保険年金の手続きも行えるようになっており、地方公共団体では通名で公務員として職務を行えるようになっている。

印鑑登録証明書運転免許証には、本人の申請により本名に加え、通名の併記が可能である(例:氏名 陽 光(木村 光))。また、国民健康保険被保険者証や、一部の顔写真付き身分証明書(障害者手帳等)においては通名のみの記載が可能となっている。

 参考 通名 - Wikipedia

3⃣ 日本人の配偶者の苗字になれないが、外国人の自分の苗字になってもらうことは可能!

 婚姻後6カ月以内なら、家庭裁判所の許可を必要とすることなく苗字を外国人配偶者と同じにする「外国人との婚姻による氏の変更届」に記入し、住んでいる市区町村、海外お住みの方はその国にある大使館・領事館に申請することができます。 

 ただし、日本人は外国人の苗字に変更する手続きそのものは簡単ですが、元の苗字に戻りたいと思っても逆は難しい。通常の氏の変更と同じように家庭裁判所の許可が必要になるし、許可されないリスクも考えられるので、一瞬のひらめきで軽く届出するのをご遠慮くださいね~

 ちなみに、私たちはそのまま各自の苗字でいきます。

 

いろいろ驚きましたが、かなり勉強にもなりました。

 

 



 

 

朝のテレビ番組、これをやめてほしい

 

ãæã®éããæ¹ãããªã¼ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

こんばんは〜

 

本日銀座の獅子祭りをたっぷり楽しんできたあかねです。

 

いきなりですが、みなさんに質問です。

 

朝の時間をどうやって過ごしていますか?

1⃣「うん、ゆったりモーニングコーヒー☕️を味わいながらテレビを見て今日も新たな一日やってきたなぁ~」と朝の陽ざしを浴びながらリフレッシュして余裕をもって朝の時間を過ごす

2⃣「朝、いつも忙しいよー。あんなコーヒーを飲む時間があればもっと寝たいけどね」といつも時間がなくて慌てる

3⃣「早起きは三文の徳という言葉もあるくらい、朝の時間を有効利用しないと勿体ない」とバッチリ朝活をやってる

 

 どっち道朝は一日の始まり、朝に触れた物事は、潜在意識で天からの兆しと取られ、そのあとの一日の気分に影響を与えると思われる。「朝に気分が決める」とも言えます。

 朝に殺人事件などひたすら報道されるテレビを目にしたら、この一日はあの嫌なニュースは無意識に薄らと自分の脳の裏に残っていて、容疑者や犯行や可哀そうな被害者などたまに思い出したりしませんか?

 朝はなるべくポジティブなことに触れたほうが、これからの一日も気持ちはすっきりと晴れて今日も一日前向きに頑張りましょうという楽しい気分になりやすい。

 

それでは、少し私の朝の過ごし方を紹介します。

日本企業に勤めている私は日本のほぼ一般的な9時出勤制度に当てはまっています。

9時出勤しなければいけないとしたら皆さん何時に起きているでしょうか?

æèµ·ãã¦ããã®æé

 ※調査会社によるインターネット調査を2007年7月に実施。対象は東京都内に勤務する、一人暮らしの20代の女性100人

  データ元 https://toranet.jp/contents/trend/soken/862/

👆の統計からほとんどの方は9時の出勤時刻に対してせめて30分以上の準備時間を設けている。

  私と言ったらその100人の調査対象で4人に属します。

 そう、一人の女性として起きてから家から出るまでたったの17分!

「どうやってできるのー?」と驚異に思う方に朝のこのたったの17分の流れをもうちょっと詳しくご紹介します~

   起きたらすぐにリビングルームに行き、とりあえずテレビをつけっぱなしにしとく、なぜかというと私の親友ーテレビと挨拶しないと、目がしっかり覚めないし、自分の行動にバックソングみたいな何か欲しいっていう不明なこだわりを持ってる^^

  その間に洗面所に足を運び、歯を磨く同時にヘアアイロンの電源を入れといて、その間に顔も洗い、これらの準備が完了する時に、ヘアアイロンの温度も設定した温度にタイミング良く達成。 髪を適当に巻いて、これで洗面所を後にする。

  早速リビングルームに戻り、基礎化粧➕メークをするー

 朝ご飯なしだから、大体15分で終わる、後の2分はハプニング対応タイム!

 例えばお腹の調子が悪くていつものトイレ時間より長くなりそうな時に、2分を多めに使わせるとか、寝癖が強くて髪型がなかなか決めないとか、ゴミを捨てる日だけど、まだ全然まとめてないとか…ルーティーンではなく、避けられないハプニング対応タイムはこの余った2分の役割です。(余ってると言えるかどうかは微妙なところですけど笑)

「  こんないっぱい予測できるハプニングがあるのに、たったの2分って足りるの?」

 と疑う方、

   言うまでもなく、以上のハプニングが同時発生する場合に2分で足りる訳ないじゃん?

 「じゃ、どうするの?」

 と心配してくれる方、ありがとう〜

  同じ日の朝、こんないっぱいハプニングが同時発生したら、対応法はただ一つ!

 

 遅刻するしかない!!!

 

なんだ、まともな対策があるかと思ったけど無茶言うね。

 運がよく今努めている日本企業と言っても新人さんは30分前に会社に着いて上司や先輩たちのテーブルを拭いて9時前からもう仕事に向かって万端な準備を済ませ、9時になったらすぐさまに仕事に冒頭できる状態でいなければならないような朽ちる雰囲気がある会社ではなく、割と自由な感じ。本当にそれで毎日助かってます。

 

 朝の起床時間や準備所要時間や過ごし方に関して皆それぞれ多少異なりますが、多分せめて一つだけの共通点があるーーー朝の時間は誰にとっても貴重で有効利用したいですね。

 私の習慣だとテレビを必ずつけます。何かやりながらニュースキャスターのきれいな日本語を耳で勉強して、朝から話す相手がいなくても日本語の感覚を取り戻す。

 しかし、日本のテレビに違和感というか良くない癖があることは最近異常に強く覚えている。

 それは、大したニュースでもないのに、朝の貴重な時間帯にすべてのチャンネルが流される。

 そもそも、日本の地上チャンネルは両手で合わせてちょうど数えるくらいの少なさに来日したばかりの頃にめっちゃびっくりしていました。中国に無料で視聴できるチャンネルは100くらいあります。選択肢が多いので、チャンネルの特徴(放送内容)もかなり細かく分けられています。

 チャンネルが少ないからこそ、一つ一つのチャンネルの役目が大きいと私が思っている。しかし、朝の情報番組を見てみると、すべてのチャンネルはほぼ同じニュースしか報道されていない。

 毎朝私は、メインで見ているのは水卜ちゃんがメインキャスターを務めているッキですが、私にとって人何倍も貴重な朝の17分なので、コマーシャルが流れる間に、「とくダネ」にチャンネルを変え、それもコマーシャルタイムでしたら、「ZIP」へチェンジという順番です。

皆さんは何を見ているか気になったらこちらでチェック👇

朝のテレビ番組は何が人気?情報番組視聴率ランキング | ススメン

 番組自体がいっぱいありますが、大体朝のワイドショーは同じニュースしか流されないということにうんざりしている!!!別のチャンネルに変えても、時間差で報道される。内容は全く一緒、こんな貴重な朝、同じことを何回繰り返されても「またこれかよ?!!」とうざく思うだけ。

 最近ヒットしているニュースって言ったら、ジャニーズ事務所に所属の小山慶一郎加藤シゲアキの二人が未成年女性と飲酒していた」とのニュースだが、ほとんどすべてのチャンネルで同時に報道されて、報道することは同じだからかもしれない、キャスターが使う言葉並びもニュアンスもほぼ同じで、一瞬時間逆戻りでもしたかの錯覚さえ起こりそう。

 事実なのかどうか分かりませんが、飲み会の席に同席していた一人の女性はたまたま20未満という話じゃない?しかも、当事者は自称二十歳で、誰かに無理やり連れてこられて誰かに強制的にお酒を飲ませられたという訳でもなかったので、全国の地上波テレビで大幅に報道される必要があるかととても疑問に思います。もっと報道価値がある世界的なニュースがあるはずじゃないでしょうか?

 そもそも、飲み会のお店に二十歳未満の方が飲酒できたのは彼らの責任を捉えていいか?活動自粛や反省文を書かせる理由があるか?店側はちゃんと審査せずに未成年にもお酒を出したので、店側の罪をもっとクローズアップして見たほうがふさわしいではないでしょうか?著名人がいるだけで、問題の焦点をずらすのは可笑しいと思います。

 だと言って未成年の飲酒を黙認していいかという意味ではなく、本人は二十歳と告げていたうえで、身分証明書を見せてとその場で水を差すこともできないだろう。

 著名人もあくまでは我々と同じ、ただ一人の人間なので、油断したことは罪みたいな攻め方されて可哀そうだと同情してしまう。こんなことでファンの方にも一般な方にも「失望した」とか「がっかり」とかの声をあげられるほどのことをやっちまったかとかなり日本人の大袈裟さと真面目さに脱帽しました。本人も猛反省していますとコメントしていますが、本当にそれほど反省することがあるかと多少不信感があるが、日本人だからって解釈しておこう~

 話が戻りますが、私から見ればどうでもいいっていうかテレビ側の都合でヒットしただけのニュースばかり流されて、でもそれは本当に視聴者が見たい、関心を寄せるニュースなのかとテレビプロデューサーたちはもっとしっかり考えていただきたいです。

 せめて貴重な朝の時間帯にもっと栄養のある情報を流して欲しいーーー

 

 

 

留学生が好きな日本テレビ番組【日本語上達法】

お題「マイブーム」

お題「これって私だけ?」

お題「思い出の味」

留学生が好きな日本テレビ番組【日本語上達法】

f:id:akanenechan:20180607230757p:plain

こんにちは~

 

びっくりするほどの梅雨晴れで水分を吸い込まれそうで少し項垂れたあかねです~

 

本日、またまた私が大好きなテレビの話をしよう!

日本に留学してきた一番最初の頃、未だ電子レンジや冷蔵庫やちゃんとした勉強机未だ揃ってなかった時、私が真っ先に探し回したのは何だと思いますか???

 

 ウォシュレット便座とかじゃないの?中国人好きでしょう?

 

とからかう方、

 すみません、ご期待に応えず、私の場合にテレビでした。

 

 当時、他の留学生はまず衣食住の基本の生活を満たしてくれる電子レンジ、棚系、机等を揃ったほうがよくないと助言してきたが、

「いいえ、私は物質より精神的に満たされるほうがいい」と頑なに言い返した。

 

 知っている方は知っていると思いますが、単身用の小さいテレビは中古品でも大した値下げはしなくて、(単身用の需要が多い、また、そもそも小さめのテレビは付加価値を付けにくいため、メーカーにとって利幅が少ないので、出回る種類や数量が家庭用テレビより少ない)来日したばかりの留学生で、お金を稼ぐ源はまだ確保していなかったから、当時の自分にとってかなりの出費でした。

 

 それでも、何よりテレビが欲しかった理由は何でしょう?

【留学生にとってテレビの役割】

  日本の番組が大好きだから、テレビ番組を通して沢山普段耳に入る機会もない日本語を勉強することもできる。

 「それだけだったら、パソコンでもいいじゃん?好きな番組などピンポイントで検索できるし、CMを流されて待つ無駄も省けるね」

 と思うでしょう?

 

 しかし、私の場合に、テレビがランダムに流す番組やCMなどを見るともなく見て、自分の関心分野だけひたすら勉強することではなく、テレビのおかげで、各分野の言葉を万篇なくちょい知ることができた(「万篇なく」って自負すぎるかな?不安==)

 とにかく、歴史のことであったり、アメリカ株相場であったり、有料老人ホームの現状であったり、不妊治療の先端技術であったり、歌舞伎町の歌姫であったり、鉄道ファンの熱狂行為であったり...当時の自分とほぼ無縁な話をたくさん聞かせていただきました。

 この見るのではなく、見させられることは自分のボキャブラリーを増やしてくれました。

 テレビの字幕機能をうまく活用し、テレビを見ながらメモを取っていました。

 あの時の自分は本当によく頑張ったなぁと改めて思った。でも、言語を勉強するのに、これだけの覚悟がないと進歩できません。沢山の方々の話のキャッチボールをスムーズにできるのに、自分の関心する分野の言葉しか勉強しなかったらコミュニケーションはうまくできません。せっかく相手からのボールをキャッチできたものの、うまく相手に投げられずにいる一方的な会話で終わってしまう残念な結果になるかもしれない。

 また、沢山の分野に関する言葉を少しでもいいから知っているだけで相手の話に食いつくことができ、さらに教えてもらえるという良い循環に持っていける。

 

 ここで、日本語を真剣に勉強してきた「先輩」(自称)からおススメの番組をご紹介させていただきます。

【留学生が好きな番組紹介(一部)】(二部はまた次に)

続きを読む